2011年01月18日


足らない「黒」を「里」と呼ぶらしい。

そして、忍者はいつも里に住んでいるのか?

村とか集落ではなく、なぜ里なのだろうか?

たぶん、山田風太郎先生にしかわからない。


アビセアが発表されて約半年。

お友達の協力もあり、なんとかかんとかやっています。

最近になってジェイドやらアートマやらも集めだして

なんとNMと戦ったりしています。


現在、上げているジョブは黒しかないので常に黒で出動です。

最初は何をしていいのかわからず、NMとの戦闘が始まると

「あばばあばばばばっばばばばばばっばばばばばばばばばばああばば〜」

となってしまいましたな。

「どうしたらいいんですかっ!」

「とりあえず死なないようにしてください^^^^^」

「コヒさん、タゲ取らないで^^^^^」
     :
     :

「死んだ・・・」

「リレしてなかったな・・・」

「1でいいのでレイズもらえませんか?」

パーティーメンバーがいません


アビセアNM戦での黒のお仕事は、NMの黄色弱点を突くこと。

今は審判のアートマとやらのおかげで弱点の魔法系統がわかります。

それまでは3系統の精霊III、IV、ガIII、古代を撃たないといけません。

短い戦闘時間で全部売ってると当然タゲを取ってしまいます。

どうしたらいいのか!?


逆に.jpg


逆に!逆にぃ〜ですね、ねねさん!

職場の若者に「逆に」と言われるとムカつきますが

ねねさんに言われると納得です!

と、いうわけでいろいろ調べてみました。

どうやら、精霊魔法のダメージを抑え、レジが増えるように弱体すればいいみたい。

INT、スキル、魔法攻撃力、魔法命中を上げる装備を外します。

そして、意外!それは逆属性ッ!

精霊魔法と同じ属性の属性杖を装備すると、魔法命中率を上げる効果があります。

逆に詠唱する精霊魔法と逆の属性の属性杖を背負うと、魔法命中率が下がるのです。

と言うわけでマクロで着替え分けれるようにしてみました。

ついでにHP、MP増加、敵対心−とかの装備を着けてみます。

(以前、裸で逆属性を背負ってたらLSのマゲさんに「コヒさん、裸でNMと殴りあうつも

り!?」と驚かれたので服を着ます。)


黒の自分.jpg

黒な自分。

里の自分.jpg

里な自分。

ほんとは色々と装備をそろえると良いのですが

先立つものが無いのでこんな感じです。

それでも、あんまりタゲは取らなくなったような感じ。

審判のおかげと赤さんが精霊III、IV撃ってくれるせいかもしれませんが。


こんな感じでボチボチやっていきますよ〜







ラベル:FF11 アビセア
posted by こひろこ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。